アカウントの名義人が死亡した時にどうしたらいいですか?

今ここです:
推定読書時間: < 1分

アカウントの譲渡についてonelife.euの利用規約に定められています。利用規約はこちら…

利用規約の第18条5項に以下のとおり記載されています。

The IMA agreement shall end at the latest with the death of the IMA. It may be passed on as an inheritance as required by law. As a rule, the heir(s) must sign a new IMA agreement within six months of the previous IMA’s death and thus assume the rights and obligations of the deceased IMA. The death must be proven by means of a death certificate. Should there be a will granting the IMA Agreement as part of the deceased’s inheritance, a notarized copy of the will must be presented. The six-month period may be extended by a reasonable length of time on an exceptional basis, if it is disproportionately short for the heir(s).

日本語に訳してみると、以下の通りになります。

IMA契約は遅くともIMAの死をもって終了するものとします。 法律で義務付けられている相続として受け継がれることが出来ます。 原則として、相続人はIMAの死亡から6か月以内に新しいIMA契約に署名し、故に死亡したIMAの権利と義務を引き受ける必要があります。 死亡は死亡証明書によって証明されなければなりません。 故人の遺産の一部としてIMA契約を認める意志がある場合は、遺言の公証されたコピー(写)を提示する必要があります。 6ヶ月の期間が、相続人にとって過度に短い場合、例外的に合理的な期間の延長が認められる場合があります。

上記の日本語訳はあくまでも参考にご使用ください。いかなる事情があっても英語の原文が主である。

IMAがいなくなられた場合の手続きとして以下の重要点が挙げられると思います。

  • 相続人はIMAがお亡くなりになされた時から6ヶ月以内に手続きを行わなければならない。例外的に延長が認められる場合があります。
  • IMAアカウントの相続手続きは、新しいIMA契約に署名、死亡証明書の提出、遺言の写の提示
  • 日本語の書類は英和訳と翻訳証明書も提出必要

以上、遺産相続についてはお近くの弁護士または司法書士にご相談いただきますようお願い致します。

この記事は役に立ちましたか?
悪い 0
表示回数: 152