ディールシェーカー の新規登録について。個人登録 または 法人登録?

今ここです:
推定読書時間: < 1分

個人登録または法人登録で悩まれてる方のために会社が参考になる内容を公開されたので以下日本語訳を提供いたします。

個人の販売者 対 登録企業

関係者の皆様へ

最近、一部のフランチャイズの所有者の方が、登録企業と個人の販売者とは一体何なのかその定義をチームに教えているようです。彼らの努力とチーム精神は賞賛に値しますが、問題は、すべての定義はDealShakerのユーザーに広める前に、企業コンプライアンスによって統一され承認されなければならないということです。そうでなければ、それらのことばの説明が様々に異なり、平等な扱いという原則が破られかねません。

混乱の解消に役立つよう、ここにいくつかの基本的な例があるので、日々の仕事の中で利用し、チームの人々に教育することができます:

  • いらなくなった古い所有物を売る場合は、- 個人の販売者です
  • 後で再販する意図で製品を購入する場合は、- 事業を営んでいるので会社として登録しなければなりません。例えばアマゾンの取引諸条件によると。

一方、DealShakerの取引諸条件によると、それらのカテゴリーはどちらも個人の販売者と定義されます。

個人会社の事業主であり、アップロードする取引が事業活動を代表しており、本業として運営されていれば、登録会社としてマーチャント・アカウントを開設する必要があります。

以上、個人登録なのか法人登録が必要なのかを選択するときに参考になると思います。

ご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
悪い 0
表示回数: 550