ディールシェーカーで払う手数料

今ここです:
推定読書時間: < 1分

この記事ではディールシェーカーで発生する手数料(以下、DS手数料)について説明致します。

ディールシェーカーを使うことによって発生する手数料は店舗が負担します。購入者に対するDS手数料は一切発生しません。

まずは最初、店舗登録とクーポンの作成の際に発生する手数料は次の3点です。

  • 店舗承認手数料: 4,000円
  • クーポン承認手数料: 60万円までの商品は、1アイテム:400円
  • クーポン承認手数料: 60万円以上の商品は、1アイテム:1300円
  • ターンオバーフィー: 月売り上げによって決まる(11月から発生、表を準備中)

なぜ手数料を払わないといけないのか?

なぜディールシェーカーで手数料を払わないといけないのかに対する回答ですが、ディールシェーカーに登録を申請する業者さんのCDD(カスタマー・デュー・ディリジェンス)に必要な費用がその理由だと思われます。CDDとは日本語で「顧客管理」とも訳されますが、プラットフォーム提供者としてプラットフォーム全体の安全性、よって利用者が安心して売買ができるため取引の安全性を保証しなければならない。上記の手数料は日本のフランチャイジーが必要とする登録情報の調査費用、事務所の整備、人件費など日本におけるディールシェーカーの安全性を保つための必要費用を賄うためである。

皆さんはもうご存知だと思いますが、ディールシェーカーの1つの特徴はクーポンの値段設定をユーロとワンコイン仮想通貨の組み合わせにできることです。ユーロで設定した部分は更に「掲載料」として25%の手数料が発生します。この手数料がユーロの部分にのみかかるので、100%ワンコインのクーポンを作成されるのがおすすめです。

100%ワンコインのクーポンを作成されても、「割引クーポン」のような形式で現金とワンコインの組み合わせが可能です。例えば 「50%ワンコイン」のクーポンをユーロとワンコインの割合を設定するところで100%ワンコインに設定すると、上記のユーロ25%の手数料を支払わず、一部現金を入手することができます。

ご覧の通りディールシェーカーの値段設定は凄く柔軟です。皆様のクーポンをお待ちしております。

時間がない場合、登録作業がめんどくさい場合はネクストマネーにご依頼いただけます。

ディールシェーカーの登録代行はお問い合わせください

この記事は役に立ちましたか?
悪い 1
表示回数: 280